窪田で加瀬竜哉

原則として、18歳未満の子供は、青少年保護の観点から、法律や条例によって、金買取の利用は不可能です(金製品に限った話ではありませんが)。加えて、未成年と取引するのは危険なので、店が独自に制限を課している場合があり、18歳を過ぎていても未成年であれば少なくとも一人では買取を利用できません。未成年が利用できる場合もありますが、そこにも制限があり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参は絶対に必要です。それ無しで買取している店はマトモではないので注意しましょう。一昔前と違い、今は金買取を扱うお店も増えてきたので、調べて利用してみるのもいいと思います。その時の相場に基づいて買取額は決まるため、手放すタイミングはよく検討しなければなりません。また、買取価格から手数料や鑑定料が引かれる場合もありますから、よく調べないまま店舗に行ってしまうと、思ったほどのお金にならない可能性もあるのです。尚、頼んでもないのに勝手に家に来て買取を申し出るという業者は、詐欺の可能性も高いので避けておきましょう。金買取の世界には、業者の方から個人宅を訪れて、しつこく金を買い取ろうとしてくる訪問購入というケースがあり、問題視されています。買取金額があまりに低かったり、時にはグラム数を誤魔化されていたり、執拗に勧誘されて断り切れず売ってしまったといって、被害を訴えるケースが最近増えています。しかし、安心してください。訪問購入については平成25年以降、クーリングオフ制度が適用されるようになったので、8日間は品物を渡す必要もないですし、やっぱり嫌になったら契約解除できることを知っておき、悪徳業者のゴリ押しに負けないようにしましょう。少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。勧誘の電話にも色々あるとはいえ、金買取の話はこれまでになかったので、話だけでも聞いてみることにしました。その業者によれば、貴金属製品で不要な品をその業者に売却できるという話でした。若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。金製の指輪やネックレスなどは、かつては気に入って使っていても、時代遅れのデザインだったりしてさっぱり身に着けなくなってしまったものもあるでしょう。家にそういうものがあれば、金買取のお店で売ってしまうのも正解でしょうね。とはいえ、もちろん本物でないと買い取ってもらえません。自分は本物だと思っていたのに、鑑定してもらうと贋物だった事例もあるのです。鑑定士にそのように言われたら、買ったときに騙されていたのだと諦めるしかありません。買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。お客さん本人が本物と信じていても、当然ニセモノのケースもあります。中には、金メッキの表面に本物同様の刻印を施して、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。ですが、比重計という、品物の重さを測定して比重を割り出す器具を使えば、通常時の重さと水に沈めたときの重さの差から、比重はすぐにわかります。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、金の表面を少し削り取ることで、本物の金でないことはすぐにわかります。アクセサリーなどの金製品を手放したいと思っていても、金買取を受け付けている店舗が近場にないという場合は、郵送で買取してもらえるサービスもあります。ネットで簡単なフォームに個人情報を書き込んで送信すると、郵送用の梱包パックが手元に送られてきます。その後、商品をそれで梱包して、郵送や宅配便で送るだけです。その到着後、メールで査定額を教えてもらえるので、その額が納得いくものであれば、承諾の返事をすると、銀行口座への振込で買取代金を受け取れます。今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。普通の家庭なら、家に置いておくのも一般的だと思いますが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。数千万円、数億円といった価値の金塊を保有する資産家の場合は、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、安心という点では申し分ない、銀行の金庫に保管することが多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。そうは言っても、どの方法にも一長一短あると思いますから、気になる方は金の形で資産を保全することにこだわらず、専門業者の買取に出してしまうのも一つの手でしょう。貴金属買取を扱うお店では、本当に多くの種類のアイテムを現金化することができるのです。金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、何百万円もする高級品を思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。金歯などは典型的な例でしょう。形がどうあれ金は金ですから、ごく普通の金縁眼鏡なども金製品として立派に買取の対象になります。最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が高くなっているので、手持ちの金製品を買取に出したというケースでは、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、必要な書類を揃え、確定申告の手続きをしなければなりません。金の売却によって生じた利益(売却額から購入時の価格や雑費を引いたもの)は、給与取得者であれば原則的には譲渡所得として扱われますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。金を売却した利益が、他の譲渡所得と合わせても50万円以内なら、課税はありません。あなたが一般的なサラリーマンで、譲渡所得20万円以内なら、基本的に確定申告をする必要もないのです。少し前の話ですが、タンスの奥に仕舞い込んでいた金製品を買取に出しました。今までに経験がなかったですから、買取してもらうお店をすぐには決められず、ひとまずネットで情報を集めてみました。そうすると、御徒町の専門店街が信用できるとの情報がありました。貴金属買取の専門店が所狭しと並んでいる一帯があるということなので、その中でホームページがちゃんとしていた店舗を選びました。じかに見たところ、お店はしっかりしていましたし、そこそこ良い金額で手放せたので満足でした。最近、身内が亡くなり、色々あった末に遺品の指輪などを私が受け取ることになったのですが、古い指輪では、いくら貴金属でも価値はないだろうと思いました。今まで金の買取は利用した経験がなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、金買取は怖くないと知人から聞いていたので、利用してみることにしました。そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、思い切って利用してみてよかったです。お手持ちの金製品を売却したい方は、買取店の店頭で直接品物を見てもらい、買取をしてもらう形式が普通ですね。目利きに長けた専門家がその場で鑑定を行い、その場で現金を受け取れますから、郵送買取などと違って安心できます。どうしてその値段になったのかなど、丁寧に説明してくれるショップも増えてきましたので、金額をうやむやにされることもなく、しっかり納得して手放すことが可能です。初めての方でも安心ですね。買取ショップに金を持ち込む時、一番大事なことといえば、その金製品は現実にどれだけの金額で売却できるかという一点に尽きると思います。基本的な算出方法を以下に示します。金の国際価格はその都度変動しています。その数値を、重量単位の1トロイオンスで割って、現時点でのドル円為替レートをかけたものが、その時の日本国内における金価格です。買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、お店が妥当な金額で買取を行っているかどうか注意深く判断してください。不要になったプラチナのアクセサリーを売却しようと思って店に持って行くと、実はホワイトゴールドで、プラチナとは全く別物だったといった経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。ホワイトゴールドも装飾品によく使われますが、プラチナとは全く異なります。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、よく似た見栄えの代替品としてホワイトゴールドが作られるようになりました。ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドです。ちなみにプラチナなら「Pt」などの刻印になります。プラチナより価値は劣るとはいえ、れっきとした金の一種なので、金製品を買い取ってくれる店であれば、現金化は可能だと思います。金の売却において気に留めておくべきことは、金の相場をちゃんと知っておくことです。買取価格で後悔しないためにも、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるのが原則です。上手く相場の波に乗り、最も高い時期に手放しましょう。初めてで不安も多い金買取。安心して利用する上で大事なのはまず、どこの店に売るかを決めることです。価格の多寡もさることながら、お店での手続きが簡単かどうか、あるいは郵送買取の場合の振込タイミングなどの諸条件、また、初めて利用する際には、他のどんな条件よりも、詐欺まがいの業者に引っかからないように、その店の実績や評判を確認しておくことです。それを測る上で使えるのは利用者から寄せられた口コミやレビューでしょう。多くの人から好評を得ている店舗を選択すれば損することはありません。現在の金相場は、1グラムいくらという形で表され、現在は約5000円ほどですが、これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。なので、高額の取引が発生する量、例えば200万円以上を超えるような量というと単純計算で550グラムから600グラムほどでしょうね。18金より安い10金のジュエリーも最近は増えてきましたが、10金までいくと純度は半分以下の41%程度。1グラムあたりの価格は2000円ほどです。ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。全世界を混乱に陥れたリーマンショック。その時からここ数年で、少しずつとはいえ、買取市場では金の買取価格が上昇に転じているようです。近頃はそれに加えて、EU加盟国であるギリシャの経済危機により、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。こうした事態もまた、金製品の買取価格が上がる要因の一つになったとみられています。一口に投資といっても対象は色々あります。金に代表される貴金属はその典型です。今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。世界のどこに行っても貴重品として認識されていることも、金の値崩れが少ない理由なのです。まあ、それでも急に相場が変わることもありますので、売却を検討しているなら、今、金相場が下がっていないか、一度チェックする必要があるでしょうね。金の市場価値が上がっているとはいえ、善は急げとばかりに、すぐに買取に持ち込むのは考えものです。あまり意識されないことですが、金やプラチナといった貴金属は、市場での価格が上下しやすいという性質があるからです。なので、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、最適のタイミングで買取を依頼することが大事になってきます。長年使っていない指輪やネックレスなどの金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。そこで役立つのが金買取ショップです。貴金属を買取してくれる店を探して、公開されている参考買取額をもとに、一番高く売れるのはどこか、色々と見て比べてみるといいでしょう。また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、よく調べて、有利な店を探してください。普通のサラリーマンが普通に手持ちの金製品を売る程度では、金買取による利益に税金がかかることは無いと考えていいでしょう。お店のほうでは、膨大な量の商品を日々売ったり買ったりしているので、所得額の申告を行い、多額の税金を納めていることと思います。しかし、個人でそのような取引をすることは無いですよね。なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、買取店の人に教えてもらうか、事前に税理士さんなどに聞いて調べるというのも一つの手だと思います。金の価値が上がっている昨今、色々な店舗で貴金属の買取サービスをするケースが増えています。中でも有力なのが、リサイクルショップですね。自宅で使わなくなった不要品を持ち込める店ですが、ブームに乗って貴金属の買取も扱い始める店も一般的になってきたのです。専門店と同様の設備を備え、査定も誠実に行っています。家にある金のアクセサリーなどを手放したい人は、買取価格などを調べてみてもいいと思います。金やプラチナなどの貴金属製品をどこかに売却したいというときには、以下の内容を頭に入れておいてください。金の買取価格は、相場に従って日々変動している上、どこに持っていくかによっても最終的な買取価格はピンキリだということなのです。なので、事前にホームページなどで情報収集し、お店選びを熟慮して判断するべきでしょう。金製品をどこよりも高く買い取れるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、査定の段になってから色々と難癖をつけられ、結局は安価で言いくるめるように買取を進められてしまったといった話はネットを見ていても散見されます。信用の置けるお店も沢山ありますが、一方、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、店を選ぶ際には慎重になりすぎるくらいが丁度よいでしょう。こうした被害に遭ってしまった時には警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。一口に金と言っても、その純度によって色々な種類があります。よく聞く「24金(24K)」というのは純度100パーセントの金を指します。銀や銅など他の金属との合金であるものは、18Kなどと表現します。「18金」などと言われるのはこれですね。金の割合が75パーセントなら、100分の75ですから24分の18で、18Kになります。18Kの中でも、金に何をどれだけ混ぜるかによって種類が変わり、銀と銅が五分五分ならイエローゴールド、パラジウムが25%入ればホワイトゴールドなどと変化します。金製品の価値を測る上で、大切なのは純度だということです。初めて金買取を利用してみようと思っている方は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、金の価格は一定ではなく、その時の相場によって変わってきます。金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、実際の買取額もそれに応じて変わります。こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売りたいと思う方は、ネットで情報を見て、その日その日の金の値段を頭に入れておくことが大事になってきます。金の買取を利用する際には、警察の指導もあり、多くの店舗では本人確認を厳しく行っています。お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、郵送買取など、直接店に行かないケースでも同様です。買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証を提示する必要があります。対面でない場合、商品を発送する際に免許証などをコピーして同封することで必要な手続きに変えるというのが普通です。リーマンショック以降、金の価格が高騰しているそうなので、自宅にあった金製品の買取をショップに依頼してみると、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、多くの貴金属店が軒を連ねる御徒町に足を運んでみました。すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、刻印無しでも全て買取してもらえました。やはり行ってよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です